12歳岡本、スケボーデュー・ツアー女子パーク決勝進出

[ 2019年6月15日 05:30 ]

 来年の東京五輪で新採用されるスケートボードの五輪予選対象大会、デュー・ツアーは13日、米カリフォルニア州ロングビーチで行われ、女子のパーク準決勝で12歳の岡本碧優(Proshop Bells)が61・00点をマークし2位のブライトン・ゾイナー(米国)に15・00点差の首位で16日の決勝に進出した。

 昨年の世界選手権(中国)を制した四十住さくら(和歌山・伊都中央高)は3位、手塚まみは5位、中村貴咲(木下グループ)は6位、開心那(hot bowl skate park)は8位で勝ち上がった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月15日のニュース