女子シングルス日本勢が快勝発進 石川はスピード勝利、平野は北朝鮮選手下す

[ 2019年4月23日 20:25 ]

卓球・世界選手権第3日 ( 2019年4月23日    ハンガリー・ブダベスト )

<世界卓球(女子シングルス1回戦)>初戦を突破した石川(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 女子シングルスがスタートし、日本勢5人が揃って1回戦を突破した。日本人最上位の世界ランキング6位・石川佳純(26=全農)は、カザフスタン選手に21分でストレート勝ちした。

 前日は混合ダブルス2試合に出場。午後10時近くまで試合をしていたが、疲れを感じさせなかった。

 前回大会で、日本女子48年ぶりメダル(銅)を手にした平野美宇(19=日本生命)は、北朝鮮のキム・ジンヒャンに4―1で勝利。伊藤美誠(18=スターツ)、佐藤瞳(21=ミキハウス)、加藤美優(20=日本ペイント)は4―0で勝利した。
 2回戦は同日に行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月23日のニュース