小池祐貴 200メートルで決勝へ「今より速いタイムじゃないと勝てない」

[ 2019年4月23日 23:41 ]

陸上 アジア選手権第3日 ( 2019年4月23日    ドーハ・ハリーファ国際スタジアム )

決勝に進出した男子200メートルの小池(中央)  
Photo By スポニチ

 男子200メートル準決勝はジャカルタ・アジア大会金メダルの小池祐貴(23=住友電工)が20秒60(追い風1・3メートル)で1組2着となり24日の決勝に進出した。

 「決勝へのリハーサル」と位置付けたレースで余裕の突破。「そんなに悪くはなかった」と振り返った。午前中の予選でトラックの硬さなどは確認済みで「映像を見て修正したい。今より速いタイムじゃないと勝てない」と決勝をにらんた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月23日のニュース