貴ノ富士&貴源治が地元栃木初凱旋 ファンの声援受け意欲

[ 2019年4月23日 05:30 ]

関取として地元凱旋を果たした貴源治(左)と貴ノ富士                              
Photo By スポニチ

 大相撲春巡業が22日、栃木県佐野市で行われ、昨春に史上初めて双子兄弟の同時関取になった、十両の貴ノ富士と貴源治(ともに21=千賀ノ浦部屋)が初めて地元凱旋を果たした。

 2人は小山市出身で地元ファンから大きな声援で迎えられた。先場所十両4枚目で勝ち越し、新入幕を目前にしている弟・貴源治は「来場所は幕内を決めることを念頭に置いて頑張りたい」と抱負を口にした。兄・貴ノ富士は同13枚目で6勝9敗。夏場所(5月12日初日、両国国技館)での幕下陥落が確実だが、同部屋の新大関・貴景勝に刺激を受け、「勝負どころで白星をつかみ取る精神的強さを見習いたい」と意欲をのぞかせた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月23日のニュース