佐藤、橋本組が初戦突破も苦笑い 格下ベラルーシ組に苦戦

[ 2019年4月23日 07:16 ]

卓球・世界選手権第2日 ( 2019年4月22日    ハンガリー・ブダベスト )

<世界卓球・女子ダブルス>1回戦を突破した佐藤(左)と橋本(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ミキハウスコンビの佐藤瞳(21)・橋本帆乃香(20)組が苦しみながら女子ダブルスの初戦を突破した。格下のベラルーシ組に第1ゲームを奪われるまさかの立ち上がり。第2ゲームも大接戦。しかし、「コース取りを変えた」と戦術を変えて19―17で競り勝つと、後の3ゲームを連続で取って勝利した。

 カット型の2人は、大会第3シードにランクされ、表彰台の期待がかかる。初出場の橋本は苦戦の原因を自己分析し、「私の緊張のせい」と苦笑いした。佐藤は「それを前提にしていたけど、想像以上に苦戦した。簡単に勝てる試合はない。全部がこういう試合になるという心構えができた」と次戦への糧とした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月23日のニュース