鳴戸親方、弟子の暴力引退を謝罪「しっかり反省して、また部屋が良くなるように」

[ 2019年2月10日 05:30 ]

鳴戸親方(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 鳴戸親方(元大関・琴欧洲)が両国国技館で取材に応じ、弟子だった三段目力士が弟弟子に暴力を繰り返して8日に引退したことについて「本当に申し訳ない。しっかり反省して、また部屋が良くなるように指導していきたい」と謝罪した。

 親方も日本相撲協会から3カ月の報酬減額10%の処分を受けた。監督体制の不備を指摘され、改善報告書を提出。「しっかりと報告したようにやっていく」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月10日のニュース