3人制バスケ・奥山、東京五輪へ闘志「出られるように頑張りたい」

[ 2019年2月10日 05:30 ]

取材に応じる奥山理々嘉
Photo By 共同

 20年東京五輪で初めて実施される3人制バスケットボールの女子日本代表候補の強化合宿が9日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開された。

 昨年のアジア大会銀メダルメンバーの奥山理々嘉(18=八雲学園高3年)は、「東京五輪は目標の場所。出られるように頑張りたい」と気合を入れる。高校卒業後はWリーグの強豪、JX―ENEOSに加入。「経験も力も足りない。もっと力をつけないといけない」。6月に行われる3人制のW杯(オランダ)、5人制の日本代表も視野に入れ、これからもアピールを続けていく。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月10日のニュース