女子初出場の森ら準決勝へ、男子は伊藤、岸らが個人予選突破

[ 2017年11月11日 05:30 ]

トランポリン 世界選手権第1日 ( 2017年11月9日    ブルガリア・ソフィア )

世界トランポリン第1日 女子個人予選で4位の森
Photo By 共同

 個人予選が行われ、女子は初出場で18歳の森ひかる(金沢学院大ク)が合計103・610点の4位で上位24人(各国・地域最大3人)による12日の準決勝に進んだ。岸彩乃は8位、高木裕美(ともに金沢学院大ク)は13位で通過した。

 男子で11年大会銅メダルの伊藤正樹(東栄住宅)は111・750点で7位となり、8位の岸大貴(ポピンズ)、11位の棟朝銀河(エアリアルドリーム)とともに予選を突破した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月11日のニュース