太田会長、東京五輪へ攻める!11日開幕フェンシング高円宮杯

[ 2017年11月11日 05:30 ]

会見で気合を入れる西藤、敷根、太田会長(左から)
Photo By スポニチ

 フェンシングの高円宮杯ワールドカップ(駒沢体育館)は11日に男子フルーレ個人、12日に男子団体が行われる。10日の会見に出席した08年北京、12年ロンドン五輪2大会連続メダリストの太田雄貴会長(31)は、「ここからが20年東京五輪に向けてのスタート。フェンシングは生まれ変わる」と話した。

 8月の会長就任後、今大会の成功のために奔走。準決勝、決勝では「世界で類を見ない」と言うLEDを使った演出を行う。「フェンシングの楽しさや凄さが伝われば。攻めに攻めて、攻めまくる!」と今後もさまざまなアイデアで、フェンシング界をけん引していく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月11日のニュース