佐伯 シード権獲りへ首位発進、攻めた!15番圧巻イーグル

[ 2017年11月11日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 伊藤園レディース第1日 ( 2017年11月10日    千葉県長南町 グレートアイランド倶楽部=6741ヤード、 パー72 )

2番、ティーショットを放つ佐伯三貴
Photo By スポニチ

 10年大会覇者の佐伯三貴(33=大和ハウス工業)が1イーグル、6バーディー、1ボギーの65で首位発進した。現在賞金ランクは61位。シード権確保に向けて好スタートを切った。同じく首位には、同ランク58位の福田真未(25=えんホールディングス)が並び、優勝の行方とともにシード権争いも激しさを増してきた。

 後がない佐伯が勝負に出た。1番パー4でいきなりバーディーを奪うと、3番からは3連続バーディー。後半の15番では、残り70ヤードから58度で打った第3打が約1メートルバックスピンで戻った末にカップインする圧巻のイーグル。「ゴルフを“20代”に戻そうと思って、狙えるところはピンを狙っていった」と攻撃的なプレーで首位に躍り出た。

 先輩の金言が背中を押した。練習日に訪れたツアー通算20勝の塩谷育代から「(パットは)オーバーしてもいいからラインを読んでみて。タッチを強くしたら感覚が戻るよ」と助言を受けた。「今までジャストタッチで“保険”をかけてしまっていた。ガツガツ打ってたら感覚良くしっかり打てた」と最終18番では7メートルを沈めて、笑顔でホールアウトした。

 現在、賞金ランクは61位。50位までに与えられる来季シード権獲得のためには上位フィニッシュが必須だ。「上を見るしかないので、下向きなことは言ってられない。明日も楽しくアグレッシブに」。シード確保に燃える33歳が猛チャージを誓った。

 ▼4位田辺ひかり ずっとテレビで見ていた選手とラウンドできて楽しい。順位を考えすぎず集中力維持を心がけたい。(プロ2年目。レギュラーツアー8戦目)

 ▼22位キム・ハヌル パットが入らなかった。ショットは良かったので今日は60点。(賞金ランク2位)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月11日のニュース