時松 2差3位浮上「10番のバーディーで流れが良くなった」

[ 2017年11月11日 05:30 ]

男子ゴルフツアー スポニチ後援三井住友VISA太平洋マスターズ第2日 ( 2017年11月10日    静岡県御殿場市 太平洋クラブ御殿場コース=7246ヤード、パー72 )

16番、ティーショットを放つ時松
Photo By スポニチ

 時松が68をマークして3位に浮上した。前半9ホールは全てパーだったが、10番で2メートルのバーディーパットを沈めて波に乗った。

 スコアを4つ伸ばし「10番のバーディーが大きかった。先にボギーが来ると流れが良くない。先にバーディーが来て流れが良くなった」と安どの笑みを見せた。悪天候で36ホールに短縮されたブリヂストン・オープンで今季初優勝。今度は72ホールでの勝利を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月11日のニュース