メドベージェワが転倒 両脚にテーピングも「脚のせいでは一切ない」

[ 2017年11月11日 20:03 ]

女子フリーで演技するエフゲニア・メドベージェワ
Photo By 共同

 絶対的な女王のメドベージェワが珍しくジャンプでミスを続けた。冒頭の3回転フリップで転倒すると、さらに3回転ルッツで着氷が乱れた。両脚にテーピングして臨んだため、影響を問われたが「体調がどうであれ、乗り越えないといけないレベル。脚のせいでは一切ない」と言い訳をしなかった。

 転倒で予定した連続ジャンプにならなかったが、後半に入れていた単発の3回転フリップを連続ジャンプに変更し「ハイライトになった」と自賛した。今季のGP2連勝でシリーズ上位6人のファイナル(12月7〜9日・名古屋)進出を決め「日本ではすごく楽しんで滑れる」と心待ちにした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年11月11日のニュース