地元・熊本出身の上田桃子 通算5アンダーで単独首位キープ

[ 2017年4月15日 17:30 ]

第2日、最終ホールでバーディーを奪い、笑顔の上田桃子。通算5アンダーで首位をキープ
Photo By 共同

 女子ゴルフツアーのKKT杯バンテリン・レディース(熊本空港CC、6452ヤード、パー72)の第2日が終了し、地元・熊本出身の上田桃子(30=かんぽ生命)が4バーディー、2ボギーの70とスコアを伸ばし、通算5アンダーで単独首位をキープした。

 初日を4位から出た西山ゆかり(30=アマダホールディングス)が4バーディー、ノーボギーの70で回り、通算4アンダーで首位と1打差の2位に浮上。

 通算3アンダーの3位には、永井花奈(19=デンソー)、申ジエ(28=韓国)が並んだ。

 16日の競技最終日は、午前7時30分にスタートを予定している。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年4月15日のニュース