福士 結婚していた 41歳会社員と 同郷振分親方から祝福コメント

[ 2017年4月15日 05:30 ]

福士加代子
Photo By 共同

 昨年リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表で3000メートルと5000メートルの日本記録保持者の福士加代子(35)が3月17日に結婚していたことが14日、分かった。相手は41歳の会社員。

 関係者によると、福士は今後も競技を退く意向はなく2020年東京五輪を目指すという。今夏の世界選手権代表選考レースには出場しなかったが、今月10日にホノルルで行われたハーフマラソンでは1時間17分3秒で優勝している。

 福士と同じ青森県板柳町出身の振分親方(元小結・高見盛)は「おめでとうございます。これからは2人で東京五輪に向けて頑張ってください」とスポニチ本紙に祝福のコメントを寄せた。地元のイベントに一緒に参加するなど親交があり、引退後には後援者が福士を“花嫁候補”に挙げたこともあった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月15日のニュース