璃花子 女子200自由形制し2冠も「浮いてしまった」、日本新逃す

[ 2017年4月15日 05:30 ]

競泳日本選手権第2日 ( 2017年4月14日    名古屋市ガイシプラザ )

競泳日本選手権第2日 女子200メートル自由形で優勝した池江璃花子
Photo By スポニチ

 女子200メートル自由形は、日本記録を持つ池江が1分57秒07で制し、2冠を飾った。100メートルのターンで体半分、先行して徐々に差を広げたが、「ラスト50メートルは浮いてしまった」。自己ベストには0秒74届かなかったが派遣標準記録(1分57秒28)を突破し、早くも2種目の代表権を手にした。

 前日はレース後にドーピング検査があり、就寝時間が遅くなったという。状態が万全ではない中、最低限の目標はクリア。15日の100メートル自由形へ「記録更新したい」と意欲を示した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年4月15日のニュース