入江 4連覇にも「まだまだだと思います」、今年から米国に拠点移す

[ 2017年4月15日 05:30 ]

競泳日本選手権第2日 ( 2017年4月14日    名古屋市ガイシプラザ )

競泳日本選手権第2日 男子100メートル背泳ぎで4連覇し、ガッツポーズする入江陵介
Photo By 共同

 男子100メートル背泳ぎは、接戦を制して入江が4連覇を達成した。50メートルを2位で折り返し、川本をつかまえ、猛追してきた金子を抑えた。

 第一人者は「優勝させていただきましたが、まだまだだと思います」と口元を引き締めた。表彰台を逃したリオ五輪後、進退について口を閉ざしてきた27歳。今年から米国に拠点を移すなど練習環境を変えて出直した。東京五輪へ新たな一歩を踏み出し「あくまでここは選考会。(世界選手権の)夏までにいい位置にもっていきたい」と見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月15日のニュース