渡部、世界選手権代表逃すも「ここで終わったわけではない」

[ 2017年4月15日 22:21 ]

競泳日本選手権 ( 2017年4月15日    名古屋ガイシプラザ )

 2015年世界選手権女子200メートル平泳ぎを制した渡部は自身にとって今大会最後の100メートル自由形で決勝に進めず、世界選手権選考基準を1種目も満たせなかった。涙を流しながら「久しぶりに出せる力を出せて、すっきりしたレースができた。少し前進というか、自分の中ではいいレースだった」と自らを納得させるように語った。

 高校1年で2012年ロンドン五輪に出場するなど世界の舞台で戦い続けてきたが、けがもあってここ最近は力を発揮し切れていない。「代表じゃない年も少しは経験していいかなと思っていた。ここで終わったわけではない」と気持ちを奮い立たせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月15日のニュース