勇太平常心で挑む「「ショットは安定してきたかな」

[ 2017年4月7日 05:30 ]

USPGAツアー マスターズ第1日 ( 2017年4月6日    米ジョージア州オーガスタ オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード、パー72 )

練習場でティーショットの感触を確かめる池田勇太
Photo By 共同

 池田は「クラブはいつも通りでいきます」と使い慣れたクラブで戦う。開幕前日5日は練習場で最終調整した。「ショットは安定してきたかなという感じ。あとは風向きとか毎日コロコロ変わっているし、その時の状況次第」と仕上がりには満足げだ。

 「凄く高ぶってますという感じではない」と平常心で難コースに挑む。マスターズ後は米ツアーのRBCヘリテージ(13日開幕、サウスカロライナ州)に出場。国内ツアーは連覇が懸かるパナソニック・オープン(20日開幕、千葉CC梅郷C)から参戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月7日のニュース