世界選派遣へ甘め標準記録 東京五輪へ「今から準備」

[ 2017年4月7日 05:30 ]

 日本水泳連盟は競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)代表選考会を兼ねた日本選手権(13〜16日、名古屋市・日本ガイシアリーナ)の開催概要を発表した。

 五輪などでは1国2人の世界ランキング16位に設定した派遣標準記録を使用しているが、今回は同24位に設定した派遣標準記録を初めて導入。平井伯昌競泳委員長は「従来より甘い基準になっている。全種目エントリーを目指す東京五輪へ向けて今から準備したい」と説明し、自由形長距離など弱点種目の強化を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月7日のニュース