伊東 今季日本勢最高4位も表彰台逃す ノルディックスキーW杯

[ 2017年3月14日 05:30 ]

今季日本勢最高の4位となった伊東大貴
Photo By 共同

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子が12日に個人第22戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、伊東大貴(雪印メグミルク)が127・5メートル、124・5メートルの合計243・5点で今季日本勢最高の4位となった。3位とは0・6点差で、2季ぶりの表彰台を逃した。

 シュテファン・クラフト(オーストリア)が267・5点で今季5勝目。44歳の葛西紀明(土屋ホーム)は13位、竹内択(北野建設)は24位だった。小林陵侑(土屋ホーム)は39位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は45位。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年3月14日のニュース