稀勢の里&鶴竜が3連勝!白鵬は1敗死守 日馬富士は2敗目

[ 2017年3月14日 18:03 ]

大相撲春場所3日目  ( 2017年3月14日    エディオンアリーナ大阪 )

新横綱・稀勢の里
Photo By スポニチ

 大相撲春場所3日目は14日、エディオンアリーナ大阪で行われ、新横綱の稀勢の里は貴ノ岩を下して3連勝。白鵬と鶴竜も勝ち、2日目同様に4横綱が安泰かに思われたが、結びの一番で日馬富士が敗れた。

 立ち合い後から積極的に攻めた稀勢の里。粘る貴ノ岩を最後は押し出しで下して3連勝を飾った。

 初日黒星の白鵬は、豪風を寄り切って1敗を死守。鶴竜は勢を寄り切りで下した。4横綱がいずれも白星かに思われたが、結びの一番に登場した日馬富士は蒼国来にはたき込みで敗れ、今場所2敗目を喫した。

 その他の取組は、照ノ富士が松鳳山を押し出して3連勝。豪栄道は正代にすくい投げで敗れ2敗となった。また、琴奨菊が高安に敗れて今場所初黒星を喫した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2017年3月14日のニュース