セブンズ14位終戦…スコットランドに延長戦で惜敗 カナダ大会

[ 2017年3月14日 05:30 ]

 7人制ラグビー男子のHSBCセブンズシリーズ第6戦カナダ大会は12日(日本時間13日)にバンクーバーで最終日が行われ、下位トーナメントに回った日本は14位で大会を終えた。

 初戦でウェールズに0―33で完敗した日本は、2戦目でロシアに21―0で今大会初勝利を挙げたものの、13位決定戦は延長戦の末、スコットランドに18―24で惜敗。今季は4大会を残して降格圏の総合15位と苦しい状況にあり、ダミアン・カラウナ・ヘッドコーチは「(次戦の)香港大会に向けて、たくさんの課題を克服しなければならない」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年3月14日のニュース