本田真凜 世界ジュニア連覇へ静かなる闘志「去年の自分に勝つ」

[ 2017年3月14日 09:51 ]

本番会場の練習で手応えをつかんだ本田真凜
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子の本田真凜(15=関大中)が14日、連覇が懸かる世界ジュニア選手権(台北)の本番会場で公式練習に参加した。

 このリンクは昨年5月のアイスショーで滑っており、「柔らかいリンクが好きで自分に合っている」と手応え十分。日本初の連覇に向け、「去年の自分には絶対に勝ちたい」と静かに闘志を高めていた。

 坂本花織(16=神戸ク)は「自分を見失わずにやりたい」と意気込み、白岩優奈(15=関大KFSC)は「自分ができることを出せば結果はついてくる」と話した。女子ショートプログラムは17日、フリーは18日に行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2017年3月14日のニュース