女子リレーで日本4年ぶり銅! オランダが転倒、追い抜き3位に

[ 2017年3月14日 05:30 ]

世界選手権最終日 ( 2017年3月12日    ロッテルダム )

女子3000メートルリレー決勝で3位に入った日本チーム(右側の5人)
Photo By ゲッティ=共同

 スピードスケート・ショートトラックの世界選手権最終日は12日、オランダのロッテルダムで行われ、女子3000メートルリレー決勝で伊藤亜由子、菊池純礼(ともにトヨタ自動車)斎藤仁美(オーエンス)渡辺碧(東京・武蔵野高)の日本が3位に入り、2013年大会以来4年ぶりに銅メダルを獲得した。

 日本は最後方の4番手でレースを進めたが、終盤に先頭争いをしていたオランダが転倒し、3位でゴールした。中国が優勝し、ハンガリーが2位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2017年3月14日のニュース