沙羅、有希ら日本勢4人が本戦出場 4日W杯ジャンプ女子第13戦

[ 2017年2月3日 22:32 ]

W杯ジャンプ女子第13戦へ調整する高梨
Photo By 共同

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は3日、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第13戦(ヒルサイズ=HS94メートル)の予選が行われる予定だったが、出場選手が40人のため必要がなくなり、公式練習のみとなった。日本勢はW杯個人総合1、2位の高梨沙羅(クラレ)と伊藤有希(土屋ホーム)ら4人が4日の本戦に出場する。

 他に勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)と岩渕香里(北野建設)が臨む。1月29日の個人第12戦(ルシュノブ=ルーマニア)でW杯通算50勝目を挙げた高梨は、3回の公式練習は87・5メートルが最高だった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年2月3日のニュース