日本初戦は4・22韓国戦 アジア選手権は若手主体で臨む

[ 2017年2月3日 05:30 ]

 日本ラグビー協会は、4月に開幕するアジア選手権の大会日程を発表した。

 大会は日本、韓国、香港の3カ国がホーム&アウェーで1チーム当たり4試合を行う。日本代表の初戦は4月22日の韓国戦(韓国・仁川)で、同29日に再び韓国と東京・秩父宮ラグビー場で対戦。5月6日に同会場で香港と対戦し、同13日に香港と敵地で対戦する。スーパーラグビーのシーズンと重複するため、日本は昨年同様に若手主体のメンバーで大会に臨む見込みだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年2月3日のニュース