中川親方の継承を発表 相撲協会、旧春日山部屋

[ 2017年2月3日 12:16 ]

 日本相撲協会は3日、中川親方(51)=元幕内旭里、本名増田憲治、大阪府出身=が昨年10月に閉鎖された旧春日山部屋を1月26日付で継承したことを発表した。名称は「中川部屋」となり、幕下以下の力士9人や行司、呼び出しら計14人が所属する。

 春日山部屋は元春日山親方(元幕内浜錦)が昨年10月に師匠を辞任した際、現役を続ける力士らが追手風部屋に「預かり」の形で転属し、同部屋付きの中川親方が指導してきた。

 元春日山親方は年寄名跡証書の引き渡しを求める訴訟で先代親方と和解に至らず、1月16日に日本相撲協会を退職した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年2月3日のニュース