羽生、4回転ループに手応え「点数の伸びしろあるなと」

[ 2016年11月26日 05:35 ]

フィギュアスケートGPシリーズ最終戦 NHK杯第1日 ( 2016年11月25日    札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ )

演技を終え声援に答える羽生
Photo By スポニチ

 【羽生に聞く】

 ――滑り終えて

 「緊張もあったけれど、やるべきことをやってきたので、自信を持っていけた」

 ――4回転ループは何とか踏ん張った

 「失敗したけれど、最小限にとどめられた。点数の伸びしろがあるなと思った」

 ――表現は?

 「昨季と比べてテンポが速くて、表現力が試されるプログラムになっている。僕の武器の荒さを生かせるように、もっと磨いていかないといけない。勢いだけの10代のスケートになっている」

 ――衣装を替えた理由は?

 「プリンスのカラーを意識して作ってもらった。(序盤戦は不調で)悪いイメージもあったので替えた。6分間練習の前に(上着を脱いで)客席がウワァーとなったのがうれしかった」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月26日のニュース