羽生 今季世界最高103・89点も「悔いがある」

[ 2016年11月26日 05:30 ]

フィギュアスケートGPシリーズ最終戦 NHK杯第1日 ( 2016年11月25日    札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ )

ちょい悪男を演じきり100点越えの羽生
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラム(SP)で、羽生結弦(21=ANA)が今季世界最高の103・89点をマークし、2位に15・95点の大差をつけて首位発進した。4回転ループの着氷が乱れた以外はミスなくまとめ、史上初の4連覇が懸かる12月のGPファイナル(マルセイユ)進出に大きく前進した。女子SPは宮原知子(18=関大)が64・20点で3位、樋口新葉(15=東京・日本橋女学館高)が62・58点で5位だった。

 滑り終えた羽生は片目を閉じて、人さし指と親指でわずかな隙間をつくった。「正直もうちょっとの思いが強い。悔いがあります」。103・89点は自身4番目の高得点だったが、常に目指している完璧な演技まではあと少しだった。

 前戦まで白だった衣装を今年4月に急逝したプリンスさんのイメージカラーの紫に変更した。名曲「レッツ・ゴー・クレイジー」に乗ってクールに舞った。「たぎってました」。ノリノリの演技で満員の観衆を沸かせた。

 唯一のミスが冒頭の4回転ループだった。きっちり回ったものの、着氷時にバランスを崩した。10月のオータム・クラシックで世界で初めて決めた大技の国内初成功はならず「きれいに降りれば、あと5点取れた。シュッとやってパッと降りるのシュッが足りなかった」と独特の表現で残念がった。

 日頃から動画や曲を聴いてプリンスさんを研究している。最も心に響いたのは「ニュー・パワー・ジェネレーション パート2」という曲の歌詞「you must know failure before success(失敗したことで、成功するためのものが見える)」。羽生は「(世界最高を出した)昨年のNHK杯とGPファイナルだけ見れば、完璧な人に思われるけど、それまでノーミスはほとんどない。失敗してそこから強くなることに情熱を注いでいる」と語る。左足甲の負傷で始動が遅れた影響もあり、4週前のスケートカナダではジャンプでミスが相次いで2位だったが、前向きに捉えてきた。

 「悔しさプラスふがいなさがあって練習に身が入った。悔しさを爆発できてよかった」

 今大会で3位以内なら自力でのファイナル進出が決まるが、もちろんそこがターゲットではない。26日のフリー。「4回転ループを決めることが僕にとっては大事。もっと研ぎ澄ませていきたい」。大技を国内初成功させれば、昨年に続く世界最高得点が見えてくる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月26日のニュース