暁斗、連日2位 前半首位から逆転許すも…4戦連続表彰台

[ 2016年1月31日 05:30 ]

観衆に手を挙げる渡部暁(AP)

 ノルディックスキーのW杯複合は30日、オーストリア・ゼーフェルトで3試合の総合成績で競う「トリプル」第2戦を兼ねた個人第8戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)が29日の第7戦に続いて2位となり4戦連続で表彰台に立った。

 前半飛躍(HS109メートル、K点99メートル)で103・5メートルを飛び、第1戦のゴール時のタイム差を反映した得点でトップに立ったが、2位と4秒差で出た後半距離(10キロ)で逆転された。エリック・フレンツェル(ドイツ)が2連勝で今季4勝目、通算27勝目を挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2016年1月31日のニュース