葛西3位!43歳7カ月、自らの最年長表彰台記録を更新

[ 2016年1月31日 13:00 ]

W杯ジャンプ男子札幌大会3位となった葛西紀明の1回目

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子札幌大会最終日は31日、札幌市大倉山ジャンプ競技場(HS134メートル、K点120メートル)で個人第15戦が行われ、葛西紀明(土屋ホーム)が138・5メートル、134メートルの合計259・5点で3位に入り、自身のW杯最年長表彰台記録を43歳7カ月に更新した。表彰台は今季2度目で通算58度目。

 アンデシュ・ファンネメル(ノルウェー)が265・9点で今季初勝利、通算3勝目を挙げた。伊東大貴(雪印メグミルク)は7位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は21位、中村直幹(東海大)は25位、伊藤謙司郎(雪印メグミルク)は29位。

 上位30人による2回目に進めなかった佐藤幸椰(雪印メグミルク)は31位、竹内択(北野建設)は33位、小林陵侑(土屋ホーム)は36位、作山憲斗(北野建設)は42位。伊藤将充(北海道・下川商高)は45位に終わった。栃本翔平と原田侑武(ともに雪印メグミルク)は予選落ちした。

 ▼葛西紀明の話 1本目はほぼ完璧なジャンプだった。一番気にしていた飛型点も決まった。2本目は飛ぶ前はいい精神状態だったが、飛ぶ瞬間に力が入ってしまった。優勝するチャンスがあったので残念。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2016年1月31日のニュース