リオ代表伊藤がハーフ優勝、想定オーバーも手応え「走れた」

[ 2016年1月31日 18:52 ]

大阪国際女子マラソン

(1月31日 ヤンマースタジアム長居発着)
 既にリオデジャネイロ五輪行きを決めている伊藤がハーフマラソンに出場し、1時間10分27秒で優勝した。「(目標タイムを)少しオーバーした」と言うものの「今の状態としては走れた」と一定の手応えをつかんだ様子だった。

 昨年12月に五輪のコースの一部を試走したことを明かし「海のそばを走るので風が吹く。風に負けないように軸のあるしっかりした体をつくりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2016年1月31日のニュース