織田が男子SPで首位 村主章枝は棄権

[ 2013年8月19日 06:00 ]

 フィギュアスケートのサマー大会は17日、カナダのソーンヒルで行われ、男子ショートプログラム(SP)で織田信成(関大大学院)が78・24点でトップに立った。中村健人(立大)が61・74点で6位。女子SPで村主章枝(Kappa)は棄権した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月19日のニュース