坂井 松田2世だ「このために1年間やってきたのでよかった」

[ 2013年8月19日 06:00 ]

全国高校総体第17日

(8月18日 長崎県ほか)
 <競泳男子200メートルバタフライ>一昨年の100メートルを1年生で制した坂井が1分56秒台の好タイムで勝った。昨年は2種目とも頂点を逃しており「このために1年間やってきたのでよかった」と、しみじみと喜びをかみしめた。福岡県出身。同じ九州出身のバタフライの第一人者、松田丈志の背中を追うホープは、20日の100メートルに向け「2種目とも優勝すれば満足と言える」と気持ちを引き締めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年8月19日のニュース