日本勢 竹内の10位が最高、礼留飛は13位

[ 2013年8月19日 06:00 ]

 ノルディックスキーのグランプリ(GP)ジャンプ男子は17日、スイスのアインジーデルンで個人第4戦(HS117メートル、K点105メートル)が行われ、日本勢は竹内択(北野建設)が111メートル、110メートルの合計250・4点で10位となったのが最高だった。

 雪印メグミルク勢の清水礼留飛は13位、渡瀬雄太は28位に終わった。カミル・ストッホ(ポーランド)が合計263・7点で優勝。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年8月19日のニュース