18歳セッター宮下 好サーブ!指揮官「本当によくやっている」

[ 2013年8月19日 06:00 ]

バレボール女子ワールドGP仙台大会最終日

(8月18日 仙台市体育館)
 セッターの宮下はトスの質がこの日も不安定だったが、サーブではエースを3本決め、レシーブでもボールを追って何度もベンチに激突する懸命のプレーで勝利に貢献した。

 守備面も含めて総合力の高いセッターとして期待する真鍋監督は「18歳で本当によくやっていると思う。経験を積んでいるので楽しみ」と言う。強豪ぞろいの決勝ラウンドに向け、宮下は「できることを精いっぱいやりたい」と誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年8月19日のニュース