上村愛子、準々決勝敗退5位 W杯デュアルモーグル

[ 2013年2月4日 06:00 ]

女子デュアルモーグルで5位となった上村愛子

フリースタイルスキーW杯モーグル第6戦

(米ユタ州ディアバレー)
 2日にデュアルモーグルを行い、女子で上村愛子(北野建設)が予選2位で決勝トーナメントに進んだが、準々決勝で敗れ5位だった。村田愛里咲(北翔大)も準々決勝で敗れて8位。星野純子(リステル)は11位、伊藤みき(北野建設)は12位だった。ハナ・カーニー(米国)が今季3勝目、通算33勝目を挙げた。

 男子の遠藤尚(忍建設)は準々決勝で敗れて6位。アレクサンドル・ビロドー(カナダ)が通算12勝目となる今季初優勝を果たした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月4日のニュース