シュリー 未到の領域へ 「鳥人」超えのW杯48勝

[ 2013年2月4日 16:02 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子でグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)が前人未到の領域に足を踏み入れた。3日にチェコのハラホフで行われた個人第18、19戦に連勝し、「鳥人」と呼ばれたマッチ・ニッカネン(フィンランド)と並んでいた通算勝利数を単独最多の48に伸ばした。

 強風に見舞われた一日で、五輪個人金メダル4個のシモン・アマン(スイス)ら実力者も失速した。しかし1月7日に23歳になったばかりのジャンパーには好条件に当たる運と、それを好結果につなげる力があった。「歴史を塗り替えたなんて信じられない」と興奮の面持ちだった。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月4日のニュース