全柔連の上村会長「組織の在り方考える」

[ 2013年2月4日 20:47 ]

 全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹会長は、暴力問題を告発した女子15選手の声明文が発表された4日、東京都文京区の講道館で報道陣の取材に応じ「受け止めないといけないし、組織の在り方ももう一度考えないといけない」と強化体制の見直しに言及した。

 具体的な時期や内容については「全面的に変わるかもしれないし、今のところは分からない」と話すにとどめ、日本オリンピック委員会(JOC)による選手の聞き取り調査後に判断する意向を示した。小野沢弘史専務理事は、聞き取り調査に全柔連側から弁護士を出席させる予定であることを明らかにした。

 全柔連は、前強化委員長の吉村和郎強化担当理事が合流予定だった日本代表欧州遠征に加わらないことを発表した。上村会長は「こういう状況の中で、選手に一番いい環境をつくれないかもしれないということで、本人が決断したと聞いている」と説明した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月4日のニュース