レ軍ルイス“最後の試合”スーパーボウルへ静かな闘志 

[ 2013年2月4日 06:00 ]

決戦前日もリラックスムードのレ軍LBレイ・ルイス

 第47回スーパーボウルに出場するレイブンズと49ersの選手がキックオフ前日となった2日、試合会場のスーパードームに姿を見せて最後の調整を行った。レ軍の大黒柱でこの試合を最後に現役を引退するLBのレイ・ルイス(37)は、音楽を聴きながらリラックス・ムード。「多くの人間の人生に自分がインパクトを与えたことこそ誇りだ」と静かに語ってすべての調整を終えた。

 MVPとなった01年大会では、ナイトクラブでの殺人事件に関与したとして保護観察処分を受け、今回は禁止薬物が入ったスプレーの購入を疑われるなど、2度のスーパーボウルではいずれもグレーゾーンに突入。それでも選手や監督、スタッフからの信頼感は絶大で、窮地に陥ったときに聞くルイスの声は本番でも大きな力になるだろう。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月4日のニュース