日本3年ぶり5連勝 杉田も内山もストレート完勝

[ 2013年2月4日 06:00 ]

<日本―インドネシア>シングルスでストレート勝ちした内山靖崇

男子テニス国別対抗戦デ杯アジア・オセアニアゾーン1部1回戦日本―インドネシア最終日

(2月3日 東京・有明コロシアム)
 シングルス2試合が行われ、すでに2回戦進出を決めている日本は杉田祐一(24=三菱電機)が6―1、6―3で、内山靖崇(20=北日本物産)が6―1、6―3でともに勝利し、5―0の完勝。4月の2回戦ではインドを破った韓国と日本国内で対戦する。

 10年デ杯フィリピン戦以来の5連勝で日本が2回戦に弾みをつけた。この日は杉田、内山がストレート勝ちし、植田監督は「全員がプレーして勝てたことが大きな収穫」と評した。前日のダブルスに続きシングルスに初出場した内山は「初めてメンバーに選ばれて2試合プレーして勝てたことは収穫だし、モチベーションになる」と胸をなで下ろした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月4日のニュース