宮里藍「いい終わり方」で10位 首位ヤニ・ツェンと9打差

[ 2012年3月25日 11:45 ]

第3ラウンド、18番でバンカーショットを放つ宮里藍

 米女子ゴルフツアーの起亜クラシックは24日、米カリフォルニア州カールズバッドのラコスタ・リゾート・アンド・スパ(パー72)で第3ラウンドを行い、宮里藍は5バーディー、4ボギーの71で通算3アンダー、213の10位となった。

 ヤニ・ツェン(台湾)が69で回り、通算12アンダー、204で、2位に3打差をつけて首位を守った。金子絢香は77で通算9オーバーの71位。

 ▼宮里藍の話 中盤はストレスのたまるゴルフが続いたが、いい終わり方ができた。スタートがよかったので結果を求めに行ってしまった。無欲のまま流れに乗れたらよかったが、その辺はまだまだ課題。

 ▼金子絢香の話 前半は良かった。後半はショットがぶれてしまった。何もかも良くなかった。コースが目に合わないという感じ。不思議。何もかも忘れて最終日はやりたい。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年3月25日のニュース