×

森保監督 新戦力招集“ゼロ”「今の状況を総合的に考えました」

[ 2022年1月23日 05:30 ]

代表選考について説明した森保監督
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は22日、中国、サウジアラビアと対戦するW杯アジア最終予選(いずれも埼玉)のメンバー23人を発表した。

 千葉市内で21日まで合宿した「国内組」からは6人の招集にとどまった。

 人選も常連組が大半で、フレッシュな新戦力の抜てきはゼロ。森保監督は国内組について「(合宿で)間違いなく代表の戦力になることは確認させてもらいました。海外組の方が1月に何試合かこなしている分、試合勘やコンディションはいいのかなと思います。あまり変わってないと思われるかもしれませんが、今の状況を総合的に考えました」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月23日のニュース