ロシア戦で2得点 ベルギー代表FWルカクはクラブ同僚エリクセンの回復祈る

[ 2021年6月13日 10:57 ]

欧州選手権1次リーグB組   ベルギー3―0ロシア ( 2021年6月12日    ロシア・サンクトペテルブルク )

 FIFAランキング1位で初優勝を狙うベルギーが快勝スタートを切った。敵地ながらFWルカクが開始10分の先制点など2得点で貢献。司令塔デブルイネを負傷で欠いた中、チームを引っ張ったストライカーは所属クラブの仲間への思いを胸に戦った。

 他会場で試合中に倒れたデンマークのMFエリクセンはインテル・ミラノのチームメートで、ルカクは先制後にテレビカメラに向かって「クリス、クリス、愛している」と回復を祈るメッセージを送った。ルカクは試合前にエリクセンのアクシデントを聞いて涙を流したことを明かし「彼とは一緒に素晴らしい経験をして家族よりも多く時間を過ごした」と説明。「思いは彼や彼の家族とともにある」と訴えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース