U24横内監督代行 五輪へ手応え「チームの骨格はある程度、見えてきた」

[ 2021年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   U24日本4ー0ジャマイカ ( 2021年6月12日    豊田ス )

<U-24日本代表・ジャマイカ代表>後半、指示を出す横内監督代行(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 東京五輪に臨むU―24日本代表の最終選考となる一戦を終えた横内監督代行は「チームの骨格はある程度、見えてきた」と明かした。A代表との強化試合を含めた3試合で全28選手を起用。3点リードの後半15分からは五輪本大会を想定した“ぶっつけ3バック”も採用し、連係面や個のパフォーマンスなどを見極めた。五輪代表18人は森保監督のA代表活動終了後に決めることになる。

 試合後、選手には「五輪に選ばれなくてもA代表活動はずっと続く。そこを目指してほしい。選ばれた選手は選手(落選者)の思いを胸に刻んで戦わないといけない」と伝えた。ここから10選手を削る過酷な作業に入る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース