U24相馬 “チーム優先アシスト”で万能性アピール、GK抜いて「確率高い」パス選択

[ 2021年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   U24日本4ー0ジャマイカ ( 2021年6月12日    豊田ス )

<U-24日本代表・ジャマイカ代表>後半、ドリブルから堂安のゴールをアシストした相馬(左)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 三笘との交代で後半15分から出場したMF相馬もアピールに成功した。出場1分後に得意のカットインシュートを放つと、同19分には久保のパスからGKと1対1のチャンス。GKは抜いたがシュート角度がなく「チームとして得点を取ることが一番大事。確率が高いと思った」と瞬時に判断し、ゴール前に走り込んだ堂安へのアシストに切り替えた。

 所属する名古屋の本拠で行われた一戦は、本来の左MFではなくウイングバックでプレー。不慣れな位置でも豊富な運動量を生かしたアップダウンなど、球際の強さを示した。3日のA代表との強化試合では右MFでもプレーしており、複数ポジションができることを示せたのもプラス材料だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース