浦和が8強!1G1Aのユンカーの胸には「STAY STRONG CHRISTIAN」

[ 2021年6月13日 20:18 ]

<浦和・神戸>前半アディショナルタイム、ゴールを決めた浦和・ユンカーがエリクセンにエール(C)Jリーグ
Photo By 提供写真

 浦和は13日、ルヴァン杯プレーオフステージ第2戦で神戸と2―2のドロー。2戦合計4―3とし、8強進出を決めた。ここまで公式戦9戦8発と頼れる助っ人FWキャスパー・ユンカー(27)が1得点1アシストと攻撃をけん引した。

 まず前半16分、カウンターからMF小泉佳穂(24)の移籍後初ゴールをアシスト。自身も狙えるシチュエーションだったが「(小泉)ヨシの方がいいポジションにいた。チームではこういうプレーをしないと」と笑顔を見せた。続く前半終了間際にはDF宇賀神が自陣から大きく蹴り出したボールに反応、追走する相手DFを一気に振り切ると最後は鮮やかな左足ループで相手GKの頭上を越すシュートを決めた。

 ゴール後、ユンカーがユニホームをめくるとインナーシャツの胸部分には「STAY STRONG CHRISTIAN」の文字。この日、デンマーク代表MFエリクセン(29)が欧州選手権フィンランド戦中に突然倒れ、ピッチ上で心肺蘇生処置を受けるアクシデントがあった。貴重なゴールを同胞の代表司令塔に捧げ、エールを送った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース