漫画かよ!U24久保が“4人股抜き弾”!伝説級のスーパーゴール、五輪も頼むぞ

[ 2021年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   U24日本4ー0ジャマイカ ( 2021年6月12日    豊田ス )

<U-24日本代表・ジャマイカ代表>前半、先制ゴールを決める久保(右)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 東京五輪に臨むU―24日本代表は12日、ジャマイカ代表に4―0で快勝した。トップ下で先発したMF久保建英(20=ヘタフェ)が前半32分に驚異の“4人股抜き弾”を決めた。5日のU―24ガーナ戦に続く2戦連発。A代表相手でも脅威となって攻撃の中心に君臨し、金メダルへの期待を抱かせた。メンバー発表前最後の合宿はこの日で終了。月末に18人が発表される。

 漫画のようなゴールだった。久保が左足を振り抜くと、ファーサイド方向に一直線に並んだ4人の股下を、ボールが次々と抜けた。「(DF)1枚2枚は分かりましたけど、それ以降は分からない」。打った本人も判別できない神業弾でジャマイカA代表の度肝も抜いた。「笑いが出るぐらい凄い」「ドリフのコントみたい」とネット上では話題沸騰。スペイン各紙は電子版で得点シーンを動画付きで報じ、アス紙は「スペクタクル(壮観)」、マルカ紙は「ゴラッソ(凄いゴール)」と絶賛した。

 虚を突いた。直前の給水タイム明け、OA枠のDF酒井から「リスタート準備しておけ」と指示された。相手の準備が整う前に酒井が投げたスローインから裏に抜けだし、右から斬り込んだ。「切り替えもサッカーの世界では当たり前。しっかり相手の切り替えを上回った」と涼しい顔。「友人のイニシャル」というKのポーズを両手で作り自らのゴールを祝った。

 19年夏まで所属したFC東京では、必ず居残りでゴールと向き合い、最後までボールを蹴り続けた。シュートを受け続けた元同僚のGK林彰洋は「振りが速く、インパクトが強い。ステップを踏みにくいし、GKとしては凄く止めづらい」と証言。GKも困惑させるシュート技術は、所属するヘタフェでもここ半年ほど居残りで練習に励み、さらに磨いた。「結構自信がついてきているのが素直な自分の感覚としてある」と手応えがあった。

 後半19分には相馬へのパスでチーム4点目の起点となった。後半20分に退くまで、2列目の堂安や三笘とも高い連係を見せた。3日のA代表戦、5日のガーナ戦、今回の試合に離脱の冨安も含めた28人の中で唯一、全て先発し、期待を抱かせる締めくくりに導いた。

 「チームも個人としてもできることはやったつもり。メンバー選考の日を心待ちにできれば。(五輪が)開催されたときにしっかり準備できているのが選手の義務」。森保ジャパンのエースが金メダルへの道筋を、力強く見据えた。

 【主な伝説ゴール】
 ☆5人抜き=アルゼンチンFWディエゴ・マラドーナ 86年W杯メキシコ大会準々決勝イングランド戦で、自陣から60メートルをドリブルで進み、GKを含む5人を抜いてゴール。直前にはハンド疑惑の「神の手ゴール」も。

 ☆スコーピオン=鹿島MFジーコ 93年天皇杯2回戦東北電力戦で、後方からの浮き球パスにジャンプし、エビ反りの体勢から右足ヒールでシュート。GKの頭上を越えネットを揺らした。

 ☆超ロング=マンチェスターU・MFデービッド・ベッカム 96年プレミアリーグの開幕戦で、ハーフウエーライン手前で前に出ていたGKを見て約55メートルのロングシュート。ボールは風に乗り、ダイレクトでゴールに吸い込まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース