【U24ポジション別分析・MF】最激戦区の左サイドは三笘と相馬が優位

[ 2021年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   U24日本4ー0ジャマイカ ( 2021年6月12日    豊田ス )

U24五輪候補の三笘(右)と相馬
Photo By スポニチ

 五輪代表18人は今月下旬にも発表される見通し。スポニチ本紙はポジションごとにメンバーを予想した。

 ボランチで確定とも言えるのは、田中、OAの遠藤航のペア。OA融合前まで主将を務めた中山と板倉も、ともに最終ラインに入ることができることもあり当確に近い。板倉はジャマイカ戦でベンチ外となったが、試合2日前に訴えていた張りが原因とみられ、序列に影響はない。

 注目はタレントぞろいで激戦区の2列目。堂安と久保は間違いないが、その他も能力の高い面々がそろう。最激戦区の左サイドは三笘と相馬がともにメンバー入りすると見る。爆発的なスピードの相馬、日本人離れしたドリブル力を誇る三笘を時間や相手によって使い分けることで、効果的に崩すことが可能。今回堂安がつけるまで10番を背負ってきた三好、食野、遠藤渓は一歩劣るか。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース