U24三笘“最終テスト”で絶妙アシスト 最激戦区の2列目左で五輪メンバー入りアピール

[ 2021年6月13日 05:30 ]

国際親善試合   U24日本4ー0ジャマイカ ( 2021年6月12日    豊田ス )

<U-24日本代表・ジャマイカ代表>後半、上田のゴールをアシストする三笘(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 U―24日本代表はジャマイカに4―0で勝利。し烈なポジション争いが展開された左サイドでは、先発したMF三笘薫(24=川崎F)が最後のアピールに成功した。後半12分に得意のドリブルから3点目をお膳立て。途中出場で同19分にアシストを記録したMF相馬勇紀(24=名古屋)とともにメンバー入りへ大きく前進した。五輪代表18人は今月下旬にも発表される見通し。

 “運命の一戦”で破壊力抜群のドリブルをさく裂させた。2―0の後半12分、自陣で瀬古の縦パスを受けた三笘は、鋭いターンで前を向く。そして得意のドリブルで相手3人を引きつけると、最後は絶妙なスルーパスで上田の得点をお膳立てした。「(上田)綺世とは大学から一緒にやっているので、動きは分かっていた」。一瞬のスピード、ひらめきで五輪切符を引き寄せるプレーを演出した。

 五輪代表には17年12月の立ち上げから選出。だが、ラストサバイバルとなった今合宿までは大きなインパクトを残せず、自身も「結果を残さないと落ちる」と当落線上を自覚していた。しかもポジションは相馬、遠藤渓らがひしめく最激戦区。プロ1年目の昨季、川崎FでMVP級の活躍を見せたドリブラーとはいえ、目に見える結果が不可欠だった。その中で途中出場した5日のU―24ガーナ代表戦ではゴールをマークし、“ラストチャンス”だったこの試合ではアシストで最低限の結果は残した。

 ライバルと目された相馬も活躍し、ともにメンバー入りする可能性も浮上。「選ばれるかどうかは分からないですけど、選ばれたら責任を持って戦うだけ。選ばれなくても、ここがゴールではないので、自分の成長を見せて頑張りたい」と三笘。幼少時代、マラドーナの映像をすり切れるほど見たJリーグ屈指のドリブラーは、人事は尽くした。あとは運命のメンバー発表を待つのみだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月13日のニュース